市川市「大町霊園」の永代供養墓と合祀墓

2017年8月9日

「多様化するお墓のかたち」

 

核家族化、少子化という社会現象の中でお墓のかたちが多様化しております。

樹木葬や散骨もその中の一部です。

但し、骨処理のような形で済ませた事に後悔された方々もいるようですので

風潮に流されずご自身のご意思で決断する事が大切だと思います。

 

いちかわ大町霊園では、形あるものがあってこそ供養心や精神の浄化が高められると考え

平成27年度に 永代供養墓「清浄」・「寂然」の二基 と 合祀墓 を建立いたしました。

 

 

写真の中央が合祀墓、左右が永代供養墓「清浄・寂然」となります。

 

 

 

 

永代供養墓「清浄・寂然」

 

 

単身者や子供のいないご夫婦の方々の為に建てられたものです。

最終的には中央にある合祀墓へ移り永代供養となります。

 

こちらをお申込みされたお客様の中には、代々守ってきたお墓が自分の代で絶えてしまう為

元気なうちに地方にあるお墓の 墓じまい を決断しこちらへ移し、形あるもので供養したいという方々が

おりました。

お墓の大切さを知るゆえの苦渋の選択だったのだと思います。

 

 

合祀墓

 

 

いちかわ大町霊園一般墓地のお申込み者が 将来、万が一お墓を承継する事が出来なくなった場合

でもご安心頂ける様にと建てられたものです。

 

こちらは故人の友人やご親戚の方々 又、永代供養墓お申込み者同様の諸事情により

生前にお申込みをされる方々も増えております。

 

春・秋のお彼岸には合祀墓にて合同慰霊祭を開催しております。

今年の秋彼岸法要 9月24日(日)11時~ 参加費無料

 

 

*永代供養墓「清浄・寂然」・合祀墓 お気軽にお問い合わせください。

 

 

お墓のかたちは変われど、お墓は日本の文化です。

長きにわたり伝承されてきている意味をよく考え 今年のお盆を迎えてみては如何ですか。

お墓参りの後は、きっと爽やかな表情に・・・

 

 

お墓の意味を大切にする~いちかわ大町霊園